考えの深い奴っている?

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:32:37 ID:XLe

浅薄ではなく重層的に考えることのできるやつ
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:33:52 ID:gOq

また髪の話してる(´・ω・`)
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:34:05 ID:qSh

>>1
どういうのか全くわからん
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:35:29 ID:aRf


   ̄ヽ、   _ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     `’ー ‘´
      ○
       O 
          , -‐ ”´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         /            `ヽ
       /      `     ´   ヽ
      /                  :l  と思うアザラシであった
      /       ●   __   ●   :l  
   , – 、{ ::     -   、_人_,  ー :}   
  (  :´ ::      ̄           ̄ 人  
   ゝ、 /⌒ヽ              ./ ヽ
    (_ __,,,ゝ、___    ____,,,∠__,;)
      ~          ̄”””’ ̄

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:36:21 ID:oWt

哲学やろ
そうやろ
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:36:51 ID:juu

何の根拠もない、単なる他人の評価でしょw
>>1の「浅い」だの「深い」というのは
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:37:40 ID:XLe

>>9
本当にそうですか?
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:37:54 ID:oWt

自分にとって「浅い」と感じるか「深い」と感じるか

現象学的アプローチしようや・・・

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:38:01 ID:s4a

あさはか

と書きたかったんだな

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:38:19 ID:0Qe

俺マジ考え深いよ。マジパネェから。
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:38:55 ID:ANU

考え深いとしたら、2chはやらんやろ
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:39:43 ID:oWt

>>10
誰もが深いと感じる考えなんて無いんや
そもそも他人が存在するかどうかもハッキリと言えんのや
でも他人は存在するとしか思えないし、そう信じる気持ちがどこかから生まれてるから、そうやって信じて生きてるんや
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:42:06 ID:XLe

>>15
何でも主観に還元してしまっていいんですか?
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:43:02 ID:juu

>>10
そうだよ

考えてる本人なんざ、わざわざ深く考えたり、あるいは浅く考えたりしようなんて
いちいち考えないもの。
外野の他人が勝手に、深いだの浅い考えだのと評してるだけよ。
そもそも、勝手に他人のことを決め付けて評するなんてのは、不遜な考え方だとは思う。

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:43:51 ID:oWt

>>16
客観の実在性は証明できないから仕方無いね
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:43:55 ID:j8b

ふふふ俺の深さに勝てるかな?
■忍法帖【Lv=16,どくどくゾンビ,dNm】:2016/09/17(土)21:44:43 ID:gKG

ふっ所詮俺は四天王の中で最弱!
俺を倒したところで…
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:45:34 ID:oWt

我々はただ我々の主観からのみ、客観的な視点というものを想像しているに過ぎない
「私はそれを客観的な考えだと思っている」の域を出ない。思っているだけ・・・心の中で
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:45:51 ID:j8b

俺は十二指腸最強の消化の田中!
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:46:23 ID:XLe

>>17
しかし物事の一面だけしか見えていない様な場合と多面的に考えることができる場合ではやはり質的な差がある様に思えます
何を浅い、深いと評するかは人それぞれだとしても
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:46:44 ID:jSI

浅いと深いの基準がわからないからなんとも言えないが、なるべく物事については様々な視点から深く考えようとする態度を心がけていて、自分では深く考える事ができていると思っているが、実際のところどうなのだろうか。
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:47:08 ID:s4a

>>20
だから嫌だって言ったんだよ!!
なんで最弱の下に付かなきゃならなんだ!
俺はレベル上げ用ヤラレ役じゃないぞ!
何回も何回も切られ魔法ぶつけられちゃ体もたん!
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:47:12 ID:oWt

>>23
君がそう感じるという話だね

じゃあどうしてそういう風に感じるんだろうか? さあ現象学を始めようか・・・

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:48:23 ID:XLe

>>26
現象学ってそういう感じなんですか
勉強になります
デカルトみたいですね
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:48:33 ID:j8b

お前が深いというのなら俺を論破してみろ!ただし俺は主張をしない!
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:48:42 ID:gKG

>>23
一面的に深く切り込める人間
深くないが多面的に見れる人間
どちらが深い考えなのか
>>26
一面と多面はそもそも違うわけだが…
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:49:09 ID:oWt

なぜ物事を多面的に見ることが、一面的に見ることよりも深い考えだと感じるのか?

そう感じてしまう根拠、原因、原初はなんだろうか? 心とはなんだろうか? 考える事がいっぱいあって楽しいね

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:49:16 ID:0Nr

>>7
かわいい
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:49:59 ID:juu

>>23
不遜だねえw

相手の考え方のどこをとって「物事の一面だけしか見えていない」としたり、
「多面的に考える」と評価するというの?

そもそも、相手の考えなんて直接は見えないでしょ。
何かの仕草などから、自分が勝手に「相手の考えが見えてるぜ!読めてるぜ!グヘヘ」と思ってるだけなのに。

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:51:06 ID:MAZ

そろそろ定義厨が沸く
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:51:39 ID:oWt

だいたい、人は経験を積むことができる

その経験の中で、答えは一つではない事を経験している
その経験を持つ人間は、正しい答えを探るために幾つかの視点を持つように心がけるようになる

正しい答えを導くためにね? じゃあなんで正しい答えを求めるんだろうか?

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:51:57 ID:j8b

神がいるからだ
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:52:21 ID:s4a

そんな装備で大丈夫か?
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:53:09 ID:XLe

>>32
うーん例えば
「男はみんなクズである」という感情的な発言は、一面的な発言だと言えると思うのですが、
これに対して「男の中にもそうでない人もいるので、一概に言えない」という発言は、一面的な発言ではないと言えますまいか?
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:53:46 ID:gKG

>>32
それ言ったら終わりだわな
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:54:13 ID:uNL

>>38
典型的すぎる
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:54:29 ID:j8b

終わりって勝手に決めんなよ!
そんな終わり方でいいのかよ!
まだやれることがあるだろ!
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:55:37 ID:gKG

>>38
逆なんだけどねw
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:56:41 ID:oWt

>「男はみんなクズである」という感情的な発言は、一面的な発言だと言えると思うのですが、
>これに対して「男の中にもそうでない人もいるので、一概に言えない」という発言は、一面的な発言ではないと言えますまいか?

出会った男が全てクズである(と思っている)場合、男はみんなクズであるというのは、その人にとって真である
クズでない男と出会った事がある (と思っている)場合、男はみんなクズであるというのは、その人にとって偽である

ここでもう一つの道がある。
全てが全てそうじゃないだろう、というあやふやな考え、つまり伝聞情報による否定だ。これにはちょっとばかし注意が必要になる

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:56:49 ID:XLe

>>42
どういう意味ですか?
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)21:59:17 ID:s4a

>>44
読んだまま
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:00:03 ID:MAZ

>>43
その人にとって真とか、証明もクソもない
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:00:09 ID:s4a

百人一首ではなくやっぱりイナバ100人乗っても大丈夫?
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:01:37 ID:oWt

>>46
証明はその人の心の中だけで行われるよ

つまり、誰にも通じる唯一解は無い

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:01:57 ID:gKG

>>44
男の中にはそうでない人間もいる、という答えこそ一面的な捉え方だよ
男がクズっていうのは、女叩きと同じで使い始めた人は様々な人生経験の中で多面的に見て判断していたからと俺は思うからだよ

だから、意味合いとして深いのは男はクズだと俺は思う

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:02:20 ID:s4a

それがまさしく

うるとらそい!

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:02:33 ID:s4a

なんだよ!最後の野郎!
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:04:27 ID:oWt

>男の中にはそうでない人間もいる、という答えこそ一面的な捉え方だよ

せやね、そういう側面があるから注意を促したい
結局のところ、伝聞情報みたいなあやふやな情報を、疑いの無い情報だと錯誤しているに過ぎない

経験に根ざした言葉よりも軽薄であることは否めない
ただし経験に根ざした言葉にも、勘違いや錯誤によるものがあることも事実だ・・・

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:04:52 ID:MAZ

>>48
いや、あるだろ
だいたい人の思考の中での証明とか根拠がないんじゃね??
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:05:23 ID:XLe

>>49
なるほど確かに面白い考え方かもしれません
マツコデラックスなんかも豊富な人生経験から一面的な結論を出すことがありますし
「男はクズ」が意味合いとして深い場合もありますね
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:06:19 ID:gKG

相手の考えに思考を落とすことは大事だと俺は思う
相手がなぜクズだと思っているのか
本質はそこだからね
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:08:20 ID:s4a


男女共に浮気性 

○???

答えは 越後製菓!!

と言うように
自分がされたら男も女も浮気しやがって!!あいつクズ!!
って個人の考えが出る
しかしされてなく相思相愛なら
そんな事ないぞ?女は優しくて浮気?はははそんなのない!!断言する!!

となるので一概には言えない

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:09:25 ID:oWt

>>53
じゃあちょっと違う話だけどこういう話をしようか

我々は別に相対性理論を理解しているわけじゃない。だけど光の速さを超えるものは無いことが証明されていると信じている
なぜなら、そう信じるに足る状況があるからだ(学会の態度とか偉い人の承認とか)。

その状況を根拠としている。だけど相対性理論が正しいと具体的に理解しているわけでも、その正しさを証明したわけでもない。思ってるだけ

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:09:32 ID:XLe

>>55
そうですね
なかなか難しいことではありますが
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:09:47 ID:s4a

つまり コメリはガチ
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:10:14 ID:ANU

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:10:45 ID:s4a

未来とは過去と未来の螺旋状
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:11:00 ID:XLe

>>48
数学的な真理についてはどう思いますか?
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:11:58 ID:oWt

>>62
数学が存在するっていうのは、自分の目や耳と言った感覚器官を通したものだよね

じゃあその感覚器官から伝えられた情報は正しいものなんだろうか? 誰がどうそれを証明できるのか

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:13:39 ID:XLe

>>63
感覚できる存在がいなければ数学的な真理は存在しないという意味ですか?
それとも、あるかどうかは確認できないという意味でしょうか?
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:15:10 ID:ANU

>>63
感覚器官云々のくだり関係あるか?
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:15:44 ID:oWt

目で数字を読み、その情報が神経を伝って脳で演算され、数式なんかを理解するわけだ

その伝達の工程が正しく行われているかどうかは誰にも証明できない。どこかでバグが生じているかもしれない
ただ自分の中で、それが正しく行われているとしか思えない。だから数学が存在し、定理が存在するとしか思えない

その仮定を経た上でのみ、数学的真理が存在するとしか思えない状況が生まれる

■忍法帖【Lv=9,キャタピラー,bGw】:2016/09/17(土)22:17:57 ID:bSS

深いもの
数秘術、占星術、抹茶の種類
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:19:07 ID:XLe

>>66
早い話、数学的真理などというものは各人の頭の中にしか存在しないということですかね?
つまり、すべては主観だと
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:20:09 ID:MAZ

>>57
物理法則と人の主観は別だぞ
相対性理論なんておまえはどうかは知らんが、一般的に理解されてないことを例えに出されたところでなんだよ
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:20:22 ID:gKG

>>66
数学の根本は物理現象の証明だと思うけど
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:20:29 ID:oWt

>>68
人は主観しか持ち得ない、という話になるかな
他人の意見というのも、結局は自分の耳を通して自分の脳(主観)で処理して判断しているわけだし
■忍法帖【Lv=9,キャタピラー,bGw】:2016/09/17(土)22:21:38 ID:bSS

浅い浅い
君たち自分が数の組合せでできているってわかっているかね
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:22:16 ID:MAZ

>>66
それ言い出したら
この世界は全部おまえの夢であったり、そういうふざけた前提で話し始めなきゃならんぞ
不毛だよ不毛
論点すり替えてるだけ
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:23:09 ID:XLe

>>71
ならどうして数学の事実は他人と共有可能なのでしょう?
数学が各人の主観に還元されるなら、1+1=2と考える主観と1+1=12と考える主観は絶対分かり合えないのでは?
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:23:57 ID:oWt

>>70
物理現象は、真理ではなく、ただそれがあることが(主観にとって)疑えないという話ですよ

いつか疑いを持つときが来るかもしれない。来ないかもしれない

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:24:32 ID:ANU

話進まないの典型スレ

掘り下げんでいい次元の話は終ろう

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:25:56 ID:oWt

>>74
それは君が君の主観の中で「共有できている」と感じているだけの話だよ
相手の反応からね。でもその相手の反応を判断しているのは、君の主観だ。
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:27:13 ID:ZwC

deep me…
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:27:31 ID:MAZ

>>75
は?
わかんねぇ、数学は真理だろ
おまえは数学は真理ということを認識するのが主観って言ってんのか?
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:28:20 ID:oWt

まあ不可知論的な話をすると、結局は話は進まなくなってしまう

ニーチェ的に言うと円環になるのかな。でもそこで俺が思うのは、先なんてあるのかっていう話だ

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:29:06 ID:XLe

>>77
私としては、数学的真理を「確認するには」確かに主観が必要であるというのは認められると思いますが、
だからといって数学的真理が主観的であるとまでは言えないと思うのですが
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:30:23 ID:MAZ

>>80
小学生でもわかるように書け
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:30:56 ID:gKG

まぁ共感されない話は進まないよね

学問が主観であるという考えがそもそも根本を否定してる気がする

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:31:19 ID:oWt

>>79
そうですね、語弊がなければ

ソクラテスによると、人は洞窟の中にいるらしいですからね
真理は洞窟の外側にあるけど、人は洞窟を出られないの

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:33:37 ID:ANU

>>84
言うて2000年前の次元での話やしなぁ
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:34:30 ID:oWt

>>81
君の持つ経験や知見が俺の言葉を否定するわけだ

君にとって数学的真理は存在するものだとしか思えない。
周りの人間もそう言っているように思える。目や耳を通して知見される。それはそういう事だと思うよ

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:35:13 ID:MAZ

>>84
なんなの?
おまえは専門用語やら知識やらひけらかすだけのオナニー野郎なの?
わけわからん例とか偉人の言葉とかはいらん
簡単に説明できないのか?
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:36:35 ID:MAZ

>>86
真理が存在するのと、その真理を知ることは別問題だぞ
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:37:10 ID:oWt

>>85
不可知論、つまり真理は人間に得られないという考え方自体は超古代からあるよ

ただそれは話をそこでストップしてしまう。なので、多くの学者(哲学者含む)はそれを否定してきたわけで、
そうして築いた学問を進歩と呼んだわけだけど、近年ではニーチェが彼の不可知論を持ってその進歩論を否定したところくらい

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:40:23 ID:XLe

>>86
経験の話ではないです
(数学的真理が)存在することとそれが知覚されることが同一視できる根拠がないと言っているんです
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:41:01 ID:MAZ

>>90
ほんこれ
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:43:58 ID:oWt

ここで俺が思うのは、人は何かを積み上げることが出来ると信じたがっているということ

学問は進歩すると思いたがっているし、人は真理に近づけると思いたがっている
実際それがどうかと言われれば、そう信じるに足るだけの根拠はあるだろう

だけど、そういう人は「この世界は主観だけのものかもしれない」という考え方に対して酷いアレルギーを起こす
必要以上に怒り出したり、極端に否定したがったりする。その自分の心の性向を理解できてないんじゃないかと感じる

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:44:05 ID:gKG

生物誕生の秘密に迫れば、分かるかもね
または
ブラックホールの近くでは光すら吸い込まれるわけだけど
細胞の速度すら影響を受けたとしたら時間という概念はどこにいくのか

これが知覚の限界かもしれないね

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:47:10 ID:ANU

>>92
でも根拠あるじゃん
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:48:03 ID:oWt

>>90
君の主観の話になるから、そりゃ根拠なんてないよ
君が何をどう感じるかなんて、俺には分からない。どうして同一視できていると感じるのかもわからない
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:48:06 ID:XLe

>>92
なるほど、それがさっき言っていたニーチェの円環なんですね
ニーチェについてもっと知りたいと思いました
色々とありがとうございます
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:49:30 ID:oWt

>>94
根拠は主観上のものですから・・・
あると言えばあるし、厳密さ(客観性)を求めれば無いという話になっちゃいますね
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:49:56 ID:gKG

存在の否定だからねぇ
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:50:14 ID:XLe

しかし言葉の意味の自律性を(或る程度でも)前提としないで会話を行うというのは矛盾に感じます
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:51:05 ID:oWt

だいたい、不可知論的な哲学を唱えたソクラテスは市民から処刑されたんですよ
それだけ不可知論者は嫌われるって感じですね
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:52:58 ID:XLe

>>100
不可知論はゴルギアスといったソフィストの側だったのではありませんか?
ソクラテスはそれに対決したというのが通説だと思ったのですが…
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:54:16 ID:oWt

>しかし言葉の意味の自律性を(或る程度でも)前提としないで会話を行うというのは矛盾に感じます

鋭いね。言語を中心に哲学する人もいるけど、申し訳ないが俺は全然詳しくない
理論負荷性の話は面白いと思う。観察よりも理論(言語)が先にあるっていう

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:57:34 ID:oWt

>>101
ソクラテスは不可知論者でありながら真理を求めた人なんだ。だからプラトンみたいに勘違いしちゃう人が出てくる

矛盾しているじゃないかと思う人がいるだろうけど、ソクラテスの中では矛盾していなかった
得られないからと言って、求めない理由にはならない。多くの人はそれを無為だと感じるだけで、ソクラテスはそうは感じなかった

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)22:58:54 ID:XLe

>>102
なかなか難しい問題なんですね
色々とありがとうございました

>>103
成程それがプラトンとの違いなんですね
そしてソクラテスの独自性という感じなんでしょうか

名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)23:05:25 ID:gKG

主観上と捉えること自体生物を根本から否定してますからね
名無しさん@おーぷん:2016/09/17(土)23:07:30 ID:gKG

そういう考えもある、と捉えることしかしないと思います
それが多角的に見ることだと思いますので
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中